スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイト帰り

コメント返信
⇒志藤絢さん
感想、ありがとうございました。
時間も忘れてサクサク読める小説ってのは、やっぱりいい小説なのでしょうね。
夏が熱いのはカーニバルが面白かったのが理由でしょう。ええ、そうでしょう。
脱水症状で死なないように、小まめな水分と塩分摂取を心がけたいと思います。
志藤先生も、お体に気をつけて!(夏に限らず一年中かもしれませんが)



さて、そろそろ実家に帰る準備をしよう。



八月上旬は色々用事があるけど、それを終わらせたら長野に帰ろうと思います。
向こうは、こっちよりは住みやすい環境のはず。

短編小説カーニバルの方も、そっちに帰ってから読み進めよう。
なんやかんやで、まだ全体の半分しか見てない……。

変な世界で変な奴らが変な事してる小説

遅れましたが、志藤先生。感想ありがとうございます。
たった一日で400ページ近い文章を読んで、しかも度重なるパソコンの反乱にもへこたれず感想を書き切るとはマジ敬服だぜ。




まぁ、今回の作品は一応「喜劇」というか「コント」をテーマにしたお話なのですが、短編小説という特徴に加えて「連載の紹介的な短編」という縛りがあったためか(勝手に作った縛りだけど)、内容はその手の蘊蓄や技術体系みたいなものを語るよりもキャラの紹介と空気感を伝えることに始終したと考えています。
目指したのは「新喜劇」的なものでしょうか。たくさんの登場人物が入れ替わり混ざり合って、予定調和的に物事が合致して大団円を迎えるといった感じの。
しかし、当の作者である私はどちらかというと「シティ派」の方に好みが偏重しているのでそこらへんの趣が強く反映された結果、リアルとファンタジーが融合した舞台設定と作風になりました。



クーラー大解放ktkr



今朝、マジで脱水症状寸前で目覚めたので、そろそろきちんと温度調節していこうと考えました。
リンパを冷やす作戦も、ここまできたらほぼ当てになりません……くっ、ダメだったか……。
さて、とりあえずここ数日は色々と用事がたてこんでそうな雰囲気だし、気合い入れ直さないとな。

昼寝から起きたら29日が残りわずかだった!

⇒早築さん
作家さんのペンネームからは性別が判断しづらいですからね。
同様の現象が、漫画家の人にもよく見られます。
「あ、この漫画描いてる人って女の人だったんだ」みたいな。
名古屋は雨の影響もありますが、尋常じゃないくらい涼しいです。
その代り湿気もハンパ無いですけれど。湿度爆発しろ。
短編小説カーニバルの方も、ご覧いただきありがとうございました。
今回は「連載を意識した短編」という事で、PV的な内容を心がけました。
登場人物も事前の段階からかなり減らしました。その結果、今回の短編では名前は出ませんが存在を匂わせるに終わっているキャラも多くいます。
連載が決まったら嬉しいですし、是非とも頑張りたいですね。



名古屋の気温下がり過ぎワロタ。



涼しいったらない、超涼しい。
一日中クーラーをつけない日が来るなんて夢にも思っていませんでした。
まぁ、その代り雨が降って私がこの世で最も嫌う存在であらせられるところの湿気様が大量発生していますけどね。
それを差し引いても、中々に過ごしやすい日でした。

さて、先週の段階で告知していましたが、本日ガンガンオンラインにて「第二回短編小説カーニバル」が開始しました。↓から行けます。
http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline/event/novel_carnival/index.html

私の作品はエントリーNO.2「俺とお嬢様のショートコント」となっています。
内容に関しては、まぁ、タイトルどおりのものとなっています
更に更に、前回の短編小説カーニバルの様式を踏まえつつ、今回はプレビューコミックも付属しております。
実は私自身、浅羽先生に手掛けていただいたイラスト(漫画・挿絵含む)の正式なものを見たのは今日がはじめてで「うひゃあ主人公とヒロインだ!(?)」と謎の感嘆を吐き出したりしていますが、ともかく早い話めちゃくちゃ嬉しかったです。
あと、個人的にちょっと気になっていた部分がありましたが、そこらへんもちゃんとカバーされていたので安心というか少し感動してしまいました。

他の七作品も楽しみ。
徐々に読み進めていきたいと思います。
寝起きの頭でぼーっとしていますが、夕食くったら徹夜するんだ!

最終的には投票によって一位を決定する企画なので、面白いと思った作品に投票していただけると嬉しいです。
今回でさらに盛り上がれば、第三回、第四回とどんどん企画が進んで行くでしょうし。

ではでは、今日ぐらいは豆腐じゃなくてカレーでも食べたいと思います!

割り箸が割れずに折れた

今日は風が強い日で助かった。
こんにちは、遭です。



この時期はテスト期間まっただ中なのかもしれません。



先日、クーラーによって加算されていく電気代の節約を考えるべく、以前テレビで見たリンパ管を冷やすという方法を試みてみました。
確か保冷剤を使うのがベターなのですが、私はペットボトルに水を入れて冷凍庫で凍らせてそれを脇に挟むと言う手法に出ました。
で、結果から言うとこれが結構冷える。
首とか股とかにも当てつつ冷やすと、結構体内温度が下がりました。
すげーなぁー、と思う反面、でもよく考えたら冷たいもの体に当ててるわけだから摂理としては冷房とかと大して変わらないのか? と思ったり。
別に悪い事じゃないですけど。

最近暑さが増していきます。
近々、またスーツを着なくてはならない日が来るので、今からちょっと憂鬱です。
夏用のスーツを買わねばならぬか。

余談ですが、今日まで作家の桐生夏生を本気で男性の方だと思っていました。
まぁ、有栖川有栖を女だと思っていましたし、恩田陸を男だと思っていた前科もありましたが。

今日も暑いぜ豆腐がウマい!

あと冷麺もおいしいよ!
こんにちは、遭です!



一応、公式で発表されたので告知しておきます。



ガンガンONLINEにて開催される、「第二回短編小説カーニバル」に参加させていただきました(←クリックすると、ガンガンオンラインに飛びます)。
開催日は7月の29日。投票期間は7月29日から8月25日まで。
日程的には夏休みを利用した形となっているので、時間がいっぱい取れそうですね。
全部で八作品が参加しています。
まだ読んでいないのでわかりませんが、見たところどれもこれも二癖、三癖ありそうな雰囲気。
超楽しみ。

で、私の作品はどうなのかと言うと、
エントリー№2『俺とお嬢様のショートコント』
が、それです。
浅羽清香先生のポップなイラストが目印です。

読者投票によって一位となった作品は連載の権利が取得されます。
もしよろしければご参加を。
そして、面白い、もっと読んでみたいと感じていただけたなら、ご投票いただけると嬉しいです。

ではでは、リアルに名古屋の夏は焦熱地獄なので死なないように頑張りたいと思います。
少なくともカーニバルが終了するまでは死ねんよ!
プロフィール

遭川遭

Author:遭川遭
(自称)新人作家。第六回スクウェアエニックス小説大賞《入選》。好きな食べ物は牛タン。

自著作品(オリジナル)
自著作品(商業誌)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遭のtwitter
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。