スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい

世界のナベアツのギャグがいかに凄いかという事を説明したい。

生きてます。遭です。

世界のナベアツの代表的なギャグと言えば「3の倍数と3のつく数の時だけアホになる」があげられる。
このギャグのまずどこが凄いのかと言うと、一見小学生の遊びのような下らなさを持ちながらしかしその実態は完全に計算作られたギャグだという事である
以下、3の倍数と3のつく数の時――つまり、アホになる回数を見やすく纏めた表である。
(が3の倍数と3のつく数)

12457810 (三回)
11121314151617181920 (四回)
21222324252627282930 (五回)
31323334353637383940 (九回)
(合計二十一回)

おわかりいただけただろうか。
一段目から四段目までを見て分かるとおり、段が下がるにつれアホになる回数が増えているのだ
一段目では3回、二段目では4回、三段目では5回、である。これはもはや、計算されているとしか思えない。
このギャグを初めて見た人間は、おそらく「3の倍数と3のつく数でアホになる」という説明文を一回聞いただけで理解することはできないだろう。当然である、「3の倍数と3のつく数でアホになる」などという荒唐無稽な設定、初見のみで想像図が組めるわけがない。
それに対し、ナベアツはまず一段目……つまり、というわかりやすい数字を示すことで、視聴者に対しこのギャグの持つ「ルール」を簡潔に明示する事が出来るのである。3、6、9、いってしまえば九九の三の段の初歩も初歩。これにより、見る側の人間は「あー、なるほど、三の倍数でアホになるとはそう言う事か」と、一瞬にして理解できるのだ。

そして問題の二段目である。
この二段目において、遂に「3のつく数」というルールの謎が明かされるのである。一段目において、「3」という明確な数字を「倍数」という隠れ蓑で隠すことに成功している。そして二段目では、なんと1213という奇跡の連続が生まれているのだ。ニ連続でアホになる……この驚くべき事態が、「3の倍数と3のつく数でアホになる」というギャグに一層のわんぱく感と期待感を与えるのである。

物語は三段目へと移行する。
ココはいわば、客が「ルール」を把握したことにより、このギャグの楽しみ方を学んだ状態でいられる時間だ。アホになる回数は実に5回。徐々にストーリーがヒートアップしていく、起承転結における「承転」を表す一帯だ。
その中にも、イベントは盛り込まれている。特筆すべきは21を挟み、2324へと繋ぐこの序盤。21でアホになり、次の瞬間普通に戻る、と思ったらまた次の瞬間アホになる。しかもニ連続で。
この「ナベアツという人間は、決してアホではない。ただ、3の倍数と3のつく数の時だけはどうしてもアホになってしまうんだ」という観念を今一度はっきり示すことのできるパートは、後の「結」へ向かうための重要なガジェットなのだ。

そして、このギャグの真骨頂。いわば、メインイベントともいえる四段目へ突入する。
そう、なにを隠そうこの段の数字は十個中九個が3の倍数と3のつく数なのだ
今までに張ってきた伏線が、一気に爆発するエリア。31から39の数字を叫ぶナベアツは、最早どこからどう見てもただのアホである。
しかし、このギャグはあくまでも「3の倍数と3のつく数の時だけアホになる」なのだ。その言葉に一切の偽りはない。その証拠に、31から39までの数字を言い終わったあと、彼は凛々しくも清々しい顔でこう言い放つ……40と

一見めちゃくちゃなように見えて、しかしその裏ではきっちりとルールが存在している。一見テンションだけで押し切ろうとしているように見えて、だがそこには物語が完成されている。
崩壊などしていない。

これは、ルールに則った悪ふざけなのだ。
計算し尽くされた暴走なのだ。


「3の倍数と3のつく数の時だけアホになる」。そこにあるのは世界のナベアツ……作家、渡辺鐘の英知の結晶であるのおかもしれない。


よし寝る!


恒例(?)の宣伝コーナー。
ついに発売まで一カ月を切りました、遭川遭名義初商業誌。
第六回スクウェアエニックス小説大賞《入選》要塞都市の錬生術です。
売れるといいな!
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これが……夢を追い求めた人間の言う言葉なのだな!

ども、じょがぁです。 第六回スクエニ小説大賞で大賞を受賞された遭川遭先生のブログを見て吹いた。 一体どんなお方なのだろう、と気に...

コメント

非公開コメント

貴様らには水底がお似合いだ!
崖下紳士の時雨です

ナベアツ懐かしいですね(
40は自分も出来ないのだ≧д≦/
さぁんじゅに!
プロフィール

遭川遭

Author:遭川遭
(自称)新人作家。第六回スクウェアエニックス小説大賞《入選》。好きな食べ物は牛タン。

自著作品(オリジナル)
自著作品(商業誌)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遭のtwitter
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。