スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望のふち

自分が猫アレルギーだという事がつい先日わかった。
こんなにショックだったのは生まれて初めてかもしれない。


どうも。(=^ω^)にゃんにゃんお! です。

はぁ……。
寝る。
スポンサーサイト

すごい

世界のナベアツのギャグがいかに凄いかという事を説明したい。

生きてます。遭です。

世界のナベアツの代表的なギャグと言えば「3の倍数と3のつく数の時だけアホになる」があげられる。
このギャグのまずどこが凄いのかと言うと、一見小学生の遊びのような下らなさを持ちながらしかしその実態は完全に計算作られたギャグだという事である
以下、3の倍数と3のつく数の時――つまり、アホになる回数を見やすく纏めた表である。
(が3の倍数と3のつく数)

12457810 (三回)
11121314151617181920 (四回)
21222324252627282930 (五回)
31323334353637383940 (九回)
(合計二十一回)

おわかりいただけただろうか。
一段目から四段目までを見て分かるとおり、段が下がるにつれアホになる回数が増えているのだ
一段目では3回、二段目では4回、三段目では5回、である。これはもはや、計算されているとしか思えない。
このギャグを初めて見た人間は、おそらく「3の倍数と3のつく数でアホになる」という説明文を一回聞いただけで理解することはできないだろう。当然である、「3の倍数と3のつく数でアホになる」などという荒唐無稽な設定、初見のみで想像図が組めるわけがない。
それに対し、ナベアツはまず一段目……つまり、というわかりやすい数字を示すことで、視聴者に対しこのギャグの持つ「ルール」を簡潔に明示する事が出来るのである。3、6、9、いってしまえば九九の三の段の初歩も初歩。これにより、見る側の人間は「あー、なるほど、三の倍数でアホになるとはそう言う事か」と、一瞬にして理解できるのだ。

そして問題の二段目である。
この二段目において、遂に「3のつく数」というルールの謎が明かされるのである。一段目において、「3」という明確な数字を「倍数」という隠れ蓑で隠すことに成功している。そして二段目では、なんと1213という奇跡の連続が生まれているのだ。ニ連続でアホになる……この驚くべき事態が、「3の倍数と3のつく数でアホになる」というギャグに一層のわんぱく感と期待感を与えるのである。

物語は三段目へと移行する。
ココはいわば、客が「ルール」を把握したことにより、このギャグの楽しみ方を学んだ状態でいられる時間だ。アホになる回数は実に5回。徐々にストーリーがヒートアップしていく、起承転結における「承転」を表す一帯だ。
その中にも、イベントは盛り込まれている。特筆すべきは21を挟み、2324へと繋ぐこの序盤。21でアホになり、次の瞬間普通に戻る、と思ったらまた次の瞬間アホになる。しかもニ連続で。
この「ナベアツという人間は、決してアホではない。ただ、3の倍数と3のつく数の時だけはどうしてもアホになってしまうんだ」という観念を今一度はっきり示すことのできるパートは、後の「結」へ向かうための重要なガジェットなのだ。

そして、このギャグの真骨頂。いわば、メインイベントともいえる四段目へ突入する。
そう、なにを隠そうこの段の数字は十個中九個が3の倍数と3のつく数なのだ
今までに張ってきた伏線が、一気に爆発するエリア。31から39の数字を叫ぶナベアツは、最早どこからどう見てもただのアホである。
しかし、このギャグはあくまでも「3の倍数と3のつく数の時だけアホになる」なのだ。その言葉に一切の偽りはない。その証拠に、31から39までの数字を言い終わったあと、彼は凛々しくも清々しい顔でこう言い放つ……40と

一見めちゃくちゃなように見えて、しかしその裏ではきっちりとルールが存在している。一見テンションだけで押し切ろうとしているように見えて、だがそこには物語が完成されている。
崩壊などしていない。

これは、ルールに則った悪ふざけなのだ。
計算し尽くされた暴走なのだ。


「3の倍数と3のつく数の時だけアホになる」。そこにあるのは世界のナベアツ……作家、渡辺鐘の英知の結晶であるのおかもしれない。


よし寝る!


恒例(?)の宣伝コーナー。
ついに発売まで一カ月を切りました、遭川遭名義初商業誌。
第六回スクウェアエニックス小説大賞《入選》要塞都市の錬生術です。
売れるといいな!

これはひどい

雨降りすぎだろ常識的に考えて
雨雲爆発しろ


こんにちは、遭どす。

私は現在名古屋に住んでいるのですが、ここ数日間の天候が酷い。
ほぼ雨。暇があいたら雨。目を離したらすぐに雨。
この雨の中スーツ着て歩き回るこっちの身にもなれよ!
雨は嫌なんですよねぇ……。
洗濯物は乾かないし。風呂の付きが悪くなるし。
髪の毛がくしゅくしゅになるし。
特にこれからの季節は湿気でにちゃにちゃする恐れも……もうやだ恐い。

さて……明日は面接です。
就職活動を開始して、昨日通算四通目のお祈りメールをいただいた私です。次はある意味第一志望(理想と現実、両方を鑑みて)なので、気合いを入れなきゃなりませんね。
あー……企業研究なんてどうやればいいんだろう。


寝る!

ウナコーワのプニプニの奴

知人とファミレス行って履歴書書いてきた!

お晩です。遭です。

しかし深夜のファミレスはあれ、履歴書書いたりエントリーシート書いたりするにはもってこいの空間ですね。静かだし、明るいし、飲み物頼めるし。
ちなみに、今日の朝起きた段階で何一つ手を着けていなかった私の提出書類一覧。

・履歴書(A社)
・履歴書(B社)
・履歴書(C社)
・ES(A社)
・ES(B社)

何がやばいって、これら全部今週中に提出予定なんだよ
てなわけでやばいやばいもういっそ殺してよ、と泣きわめいていた私は知人を巻き添えにしてファミレスへGO。
とりあえず終わらせるだけ終わらせようぜ! な! という心構えの元、作業を開始しました。
ドリンクバーを使用し、広い店内で黙々と履歴書を書きあげている二人組。
途中、ついうっかり誤記してしまった履歴書がその会社オリジナルの書式だったため、一度家に帰って印刷しなおすという珍事もありましたが、しかし閉店時間まで粘って頑張った甲斐あって、その成果は……

履歴書(A社)
履歴書(B社)
履歴書(C社)
・ES(A社)
・ES(B社)

といった感じに! これでも大分進歩だよ!

はい、寝ます。

てなわけで宣伝

私はロリコンではない!
ただロリババァに素足で踏まれるのが好きなだけだ!


こんにちは、遭です。

以下、遂に発売日が決定しました。遭川遭名義、初の一般書籍です。

要塞都市の錬生術(ガンガンノベルズ)
作者/遭川遭
イラスト/河内和泉

発売日は4月の22日! お忘れなく!

今回イラストを手掛けてくださったのは、あの「機工魔術士 -enchanter- 」を生み出し、現在ガンガンJOKERにて「EIGHTH」を連載中の河内和泉先生です! きゃあああ!
既に画像を見られるサイトもありますが、見た方は、ね、すごいでしょ? ものすごいイラストでしょ!
最初見た時はリアルで震えが止まりませんでした。もう感謝し尽くしてもし尽くせない。

ちなみに、内容はアマゾンなどの書評を見ていただければわかる通り、あんな感じです。
志藤さんをして、ドジっ子異能ファンタジーという触れ込みですが、なんでもドジっ子観察ホームラブコメディーの皮をかぶった血みどろバイオレンスだという噂も聞いたとか言いてないとか。
そんな本書ですが、よろしければ予約なりなんなりしてやってください。

ちなみに同日、終倉敷先生の最強彼女黒髪めがねと志藤絢先生のSky* きみの生きるせかいも発売されます。
出来ることなら三作全部レジに持っていってください。全部面白い事は保障します。



そんなわけで、宣伝終わり!


ふと、この「遭難」という字は、「遭(あ)い難(かた)し」とも読めると考えたら、なんだかとてもメルヘンチックというかメランコリックというか切ない感じの熟語に見え始めました。
そこで、「あーなるほど、そういうことか」とわかったりしちゃったのが、東京事変の名曲、「遭難」だったりします。

お晩です。遭です。

季節は春へと移ろい行く最中にあります。気温も心なしか上昇してきている気がします。もう桜の花が咲いていてちょっとドキっとしたりもしました。
思い返してみれば、僕にとっては大学生活三度目の春です。毎年この季節になると、長期休暇がたたってか「二度と大学になんか行きたくねぇ」病が発症しちゃったりと、色々と不便なものでした(自業自得)。

今年の春は、今までにないイベントで目白押しです。なんやかんやしている間に、工藤さんのサイトも20万に王手をかけている状態ですし、もう間もなく祭の模様が拝めるかもしれません(ただ最近の工藤さんの多忙さを見るに……)。
他にも……ほら、いっぱいあるよね!?(謎の問いかけ)。

実生活の方では……もう何度言ったか忘れましたが、就活でテンテコマイです。知人と飲みに行っては愚痴りあってばかりいます。マジでそうしないと精神状態がおかしくなる……。早く、内定がほしいよう。
私の集中力は基本的に長続きしない方であり、しかも最近の状況は「短期集中型」ではなく「長期継続型」――つまり、「がおーーーーーーーーーーーーーー! ………ふぅ」ではなく「うおおお! ……ふぅ……ぎゃおおおおお! ……ふぅ……ちぇすとぅおおおおおおおおおお! ……ごほごほ……」という感じなんです。誰がわかるか。
長期にわたり小刻みに継続するなんて至難の業であり、こいつがなかなかストレスをためるわけですね。はい。
とまぁ、現在就活中の方来年に就活を控えた方に不安を煽るような事を言ってしまいましたが、結局頑張らなきゃ始まらないという事ですよね。へぇ。

今日はこんな感じで。

宣伝は明日やります。

そんなわけで


はじめましての方は、はじめまして。
お久しぶりの方は、お久しぶりです。
またお前かよという方は、そうだよ俺だよ。

です。

此度、よく考えてみたら自分だけブログ持ってないじゃん! という事実に突き当たり、大急ぎで立ち上げたしだいでございます。
現在就活中につき正直頻繁な更新は難しい状況にありますので、主に宣伝に用いる目的でこのブログを運営したいと思います(最低)。

何分、真剣なブログを行うのはこれが初めてですので、至らぬ事がありましたら申し訳ございません。

では、また後ほど。
プロフィール

Author:遭川遭
(自称)新人作家。第六回スクウェアエニックス小説大賞《入選》。好きな食べ物は牛タン。

自著作品(オリジナル)
自著作品(商業誌)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遭のtwitter
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。